スカイランニングとは?

スカイランニングの定義
山岳(超高層ビル)を空に向かって駆け登るスポーツのこと

つまり、FAST&LIGHTなスタイルの快速登山です。ISFの定義では、傾斜30%を超える部分を含み、登攣難易度Ⅱ級 (※三点支持を要する)を超えない範囲とされています。前進する補助としてストック、アイゼンや手を使うこともあります。レースによってはヘルメットや手袋などの装備が必携とされることもあります。

山岳スポーツであるスカイランニングでは、水平距離よりも垂直距離や標高差が重要な要素となります。つまり、スカイランニングにおける「ランニング」の意味は、陸上競技とは異なり、「走る」というよりも「駆け登る(下る)」ということになります。水平方向への走りやすさは求めていないため、競技会においては急峻でテクニカルな斜面や標高2000m以上の高山をコースにする場合が多くなります。

標高2000m未満の低山においても、ランニング形式の快速登山はスカイランニングと表現できます。ワールドシリーズ戦や大陸別選手権などの国際的な競技会も、ISF基準を満たしている場合、イギリスや香港など低標高の地域で開催される場合もあります。また、山岳での駆け登りから派生した都市型のスポーツとして超高層ビルやタワーの駆け登り競技もスカイランニングのひとつとなっています。バーティカルランニングと呼ばれる種目として、ワールドサーキットが世界各国の主要都市で開催されています。

スカイランニングの競技種目


スカイランニングの競技種目は、時間・距離・特性に応じて7つに分類されています。日本選手権ではSKY・ULTRA・VERTICAL・SPEED・SKYSNOWの5種目、世界選手権ではSKY・ULTRA・VERTICALの3種目が実施されています。
登り下り系種目
1.SKY(スカイ)– 中距離レース/累積標高差1300m以上/距離20km-49km
・SKYRACE®(スカイレース)– 競技会の名称:累積標高差1300m以上/距離20-29km
・SKYMARATHON(スカイマラソン) – 競技会の名称:累積標高差2000m以上/距離30-49km/優勝者5時間以内
2.SKYULTRA(スカイウルトラ)– 長距離レース/累積標高差3200m以上/距離50-99km/16時間以内
駆け登り系種目
3.VERTICAL(バーティカル) – 駆け登りレース/平均20%以上の傾斜/一部は33%以上を含む/距離5km以内
・VERTICAL KILOMETER® (バーティカルキロメーター) – 競技会の名称(略称VK):標高差1000m/距離5km以内(※±200mのバリエーションあり。VERTICAL KILOMETER®を2回、または3回でも認められる)
4.SKYSPEED – スプリントレース/100m以上の獲得標高差/平均33%以上の傾斜
5.STAIR CLIMBING(階段登り) / VERTICAL RUNNING(バーティカル・ランニング) – 階段垂直レース/平均45%以上の傾斜/屋内外の階段
複合系種目
6.SKYBIKE(スカイバイク) – デュアスロン(2種の複合)/バイク or マウンテンバイク + バーティカル or スカイランニング
7.SKYRAID(スカイレイド) – 長距離にわたるチーム戦/サイクリング or スキー or クライミングなど + スカイランニング
雪上種目
8.SKYSNOW(スカイスノー)– 承認されたマイクロクランポンを装着しての雪上レース

もっと詳しく

ISF(国際スカイランニング連盟)

ISFルール(原文)

スカイランニング競技規則(JSA作成・日本語)